ロゴマーク
日本古来の金物の町「三木」の創業70年を超える老舗「三木刃物製作所」
 
 
美しい仕上げの包丁 三木刃物
 

手入れの方法

庖丁のお手入れ


錆取り

日頃から錆ないように、使ったあとは水か熱い湯でよく洗い、水分は乾いた布で十分ふいてから包丁刺しに。また、長期間使用しない時にはサラダオイルでふいてからしまうようにして下さい。万一錆が出来た場合は、クレンザーでこすると、きれいに錆が取れます。

研ぎ方

刃物は研ぐ事により切味が保てます。
10日に1度くらいは研ぐようにしてください。砥石は、ご家庭では人造の中目砥石をお使い下さい。

1.まず、砥石が動かないように下にぬれ雑巾やふきんを敷き固定させます。

手入れの仕方
2.片刃庖丁の場合は図の様に15度位の角度をつけて表を研ぎます。


手入れの仕方
3.指を広げないで一か所づつ力を入れて、ゆっくりと前後に動かします。


手入れの仕方
4.刃の部分にザラっとした手触り(「かえり刃」といいます)が出たら、裏側を「かえり刃」がなくなる程度に2~3回軽く研いで下さい。


手入れの仕方06
※両刃庖丁の場合は、刃の両面とも同じ回数で研ぐようにして下さい。研ぐときのコツは包丁が砥石の上でゆれたりしないよう、まっすぐ、静かに、ゆっくり、平均に動かすことです。
研ぎ終わったあとは「手入れ油」をつけておくのが最善のお手入れです。
 
 
 
 
 
株式会社 三木刃物製作所
本社  〒673-0414 巴工場  〒673-0443
  兵庫県三木市芝町5番6号   兵庫県三木市別所町巴35-3
  TEL:(0794)82-0067   (三木工場公園)
  FAX:(0794)82-5218    
 
 
COPYRIGHT MIKI HAMONO MFG CO.,Ltd